FC2ブログ

生命の樹のもとで・・・

全ての人に大きな愛を

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています☆
精神世界

愛は恐怖(おそれ)を駆逐し、不義に抵抗しない。
返すに愛を以てする時、心平安となる。
その時始めて父なる神は働き給いすべてを克服し給う。
不義に怒れば、心は騒ぎ乱れ、羨み、嫉妬(そねみ)、
怒りにみたされれば、愛は消える。
愛こそはかくのごときものをすべて消し去る
この世における唯ひとつのちからである。

   -心身の神癒より-



いろいろな日常の一コマで、
相手のやることなすことに腹を立てたり、怒りをあらわにするより
冷静に対処したほうがいいだろうということは
誰もが思うところだと思います。
もしかしたら、感情をため込むより爆発させた方がいいという方も
いらっしゃるかもしれませんが・・・
ただ、感情的に行動してしまって後悔したり、
後々まで苦々しく思うことは往々にあるのではないでしょうか。

ですから、この一文を読んだとき、
普通に当たり前のことであろうし
そうでありたいと思います。

しかしながら現実には
頭では理解していても、その場になるとできることじゃない・・・
というのが、実際のところでしょう。

なぜかといえば
相手に納得できない態度を取られたりしたときに
それを、ただただ受け容れ相手に対して
にこにこと愛を以て対応するなんてことは
到底できない、と思うからだと思います。
相手が悪い(と思っている)のに
自分だけが我慢し、辛抱しなくてはならないのか?
そう感じることもあるでしょう。


この言葉の奥にあるものは
ただただ我慢して、自分が折れて相手に尽くしなさい、
と言っているわけではないと思います。

怒りや嫉みを感じているときは
心がその場の状況に反応し
すぐさま感情として出てきた結果でありますが
その感情を引き出した、その原因が必ずあります。
大抵は、その感情に振りまわされ支配されてしまうため
原因よりもその負の感情のまま動いてしまいます。
結果、愛を示すことなどできなくなってしまいます。

ですから、怒りや妬みの感情が出てきたときに
己の心が、相手の言動の何に反応したのか?
をまず見極めなければなりません。
その元を知ることによって、自分の心を理解することができ
自分の感情をコントロールできるようになるのです。


さて、ではなぜ愛をもって相手に接しなければならないのか?

それは自分の心の平安のためです。
決して相手のためではない、と私は考えています。


心乱され、振り回され、イライラとして
一番辛いのは、相手ではなく自分ですから。



関連記事
☆ランキングに参加しています☆
精神世界

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

yumi

Author:yumi
生きることとは 
  どういうことだろう?
幸せになるためには 
  どうしたらいいのだろう?

そんなことをずっと考えていたら
生命の樹と意識の勉強をするという
学びの道にたどり着きました。。。

※あらゆる宗教及び宗教団体、
 組織、グループなど
 一切関係ありません。
 当然勧誘などもありません(笑)。
 あくまで 
 私個人の感じるところを
 綴って行きます。


☆★☆ プロフィール ☆★☆
長野県岡谷市生まれ
現在 千葉県柏市在住

最近の記事

最近のトラックバック

☆ランキングに参加しています^^

●地球の名言●

presented by 地球の名言

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。