FC2ブログ

生命の樹のもとで・・・

全ての人に大きな愛を

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています☆
精神世界

この言葉・・・

『息子よ、そんなのが本当かどうかはたいした問題じゃないんだよ。』

  - 解脱の真理 M・マクドナルド・ベイン著 -


この本を読んでみなさいと薦めていただいて
読み始めてから、最初に大きな衝撃を受けたのが
この一文でした。

“私”が“その方”に出会ったとき
“その方”が“私”の行動等に熟知していることに気づき
これからのやるべきことなどを話した後、
“私”は“その方”に、今までどんなことをしてきたかを
説明するために
“私”が今までの“私”の業績や知識をひけらかした後に出た
その時の言葉です。

いままで自分が大事にしてきた
知識・業績 そしてプライド。
全てを
『たいした問題じゃない』と言われたのです。


そうです。
“私”が言葉に出し言いたかった事は
自分のやってきたことを示し、説明することで
“その方”に認められたかったのですが
全てはプライド(自我)からでてきたものであり
独りよがりなただの“考え”であって
それに、過去に縛られて
今を、この瞬間を見つめることを忘れていたことを
“私”は気づいたのです。


私も 『たいした問題じゃない』事をたくさん引きずってきました。
何かあるごとに
自分の過去を経験を持ち出し
自分の欠点や弱い部分を守るために
それを鎧にして、自らが傷つかないように
してきました。

時には 人間関係で優位に立つために
その『たいした問題じゃない』つまらないプライドで
他人と自分を比較し、優劣をつけ
これまた自己満足の世界に身をおくことで
つまらない満足感を味わったりしていました。

しかし
全てが間違っていたのです。
まず、自己を援護しようとすることに
他人と比較することで満足しようとすること。。。
これは、分離を認めていることであり
本質からかけ離れている行動です。

さらに 自分を弁護すると言うことは
自分の弱さに薄々気づいていることであり
その時にすべきことは
自分の弱さと真正面から対面し
その原因を探り、真実を知り
全てを溶解させるべきなのに
私がしてきたことは、全てを誤魔化し目をつぶり
なかったことにして
もしくは、つまらないプライドで満足して
その欠点をカバーしたつもりになり
ひとまず決着させていたに過ぎないのです。

ですから、いつまで経ってもその堂々巡りから抜け出せなかったのです。


いつもいつも、似た様な問題に躓き、苦しみ
さらには愚痴をこぼし、その時の辛さをほかの事で紛らわし
誤魔化し続けていたのです。


そして そんな自分に気づけた今は
見方を変えることが出来たのです。

時間はかかるかもしれない
痛みを伴うかもしれない

 「そんなはずじゃない」
 「私は違うはずだ」

そういった類の思い込みを全て剥ぎ取り
自分の心の反応を見つめ切り
進んで行きたいと思います。




関連記事
☆ランキングに参加しています☆
精神世界

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

yumi

Author:yumi
生きることとは 
  どういうことだろう?
幸せになるためには 
  どうしたらいいのだろう?

そんなことをずっと考えていたら
生命の樹と意識の勉強をするという
学びの道にたどり着きました。。。

※あらゆる宗教及び宗教団体、
 組織、グループなど
 一切関係ありません。
 当然勧誘などもありません(笑)。
 あくまで 
 私個人の感じるところを
 綴って行きます。


☆★☆ プロフィール ☆★☆
長野県岡谷市生まれ
現在 千葉県柏市在住

最近の記事

最近のトラックバック

☆ランキングに参加しています^^

●地球の名言●

presented by 地球の名言

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。