FC2ブログ

生命の樹のもとで・・・

全ての人に大きな愛を

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ランキングに参加しています☆
精神世界

常識

少し、前回の記事と被るところがあるかと思います。

モーゼの十戒ほど有名な言葉ではなくても
してはならないとされていることがたくさんあります。

例えば
殺人であったり、詐欺を働いたりなどの
ごく普通に考えればしてはいけないことはたくさんありますが
人によって判断が違うものもたくさんあるように思います。

飲酒・肉食など食欲に関することや
浮気や不倫など
一般的に道徳に反すると言われる性に関することなどは
肯定する人もいれば、完全否定する人もいます。

どちらも基本的欲求とされるものですね。
だからこそ、欲求のままに行動するのはいけない、
という空気があり
自制することが、理性的であり良いことである、
という風に多くの方が思っているでしょう。

当然のように私も考えていました。
もっと突き詰めると
聖職者は、お酒を飲んではいけないのではないか?とか
宗教にもよりますが、結婚するということは
教義にはかなっているのだろうか?とか
本当に凝り固まった
狭い視野でしか、物事を見ることができませんでした。

でも、その欲求を心のままに満たしてはいけないと
言い出したのは誰なんでしょう?
“清く正しく”生きるためには
あれもしてはいけない、これもしてはいけない
我慢し、節制することが正しいと言っているのは
神ではなく、人間ではないでしょうか?
※モーゼの十戒の“姦淫をしてはいけない”は
 一般的に捉えられているよりも
 もっと深い意味を指していると考えています。

いろんな制約をつけ
縛り、苦しくして、なおかつ
逆にそれを破ることにより、蜜のような喜びを味わっていると思っている・・・

どれもが、人間が作り出したものではないかと思うのです。

だから、欲望のままに生きよう!と言っているのではありません。
わたしが目指しているのは
自分の魂が望む生き方なのです。
つまり、私がこの世に生まれた意味をしっかり理解し
その目的を果たすために生きることが喜びであって
わたしの中にある、さまざまな欲望・・・
それを、心のままに実行することが
真の幸福であるはずがないからです。

ただ、あれもいけないこれはダメ、
と、縛り付けることが正しいことなのか?
ということを、考えていきたいと思っています。
その、良かれと思って作った“決まり事”や“ルール”が
果たして、必要なことなのだろうか?
どうしてしてはいけないのか?
逆に、なぜしてもいいのだろう??

その、自分の意識の中に刷り込まれている
道徳観のようなもの、
それは神(真我)から見たらどうでもいいことなのかもしれないし
その、縛り付けることによって
なおさら呪縛のようにがんじがらめにしてしまっていることも
あるのではないか?
そう、感じるようになりました。

この世は相対の世界であるから
善と悪が存在します。
同じようにすべてに対比するものが存在します。
だからしていいこと&悪いことと
つい比べることが、基準になってしまっているのではないかと思うのです。









関連記事
☆ランキングに参加しています☆
精神世界

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

yumi

Author:yumi
生きることとは 
  どういうことだろう?
幸せになるためには 
  どうしたらいいのだろう?

そんなことをずっと考えていたら
生命の樹と意識の勉強をするという
学びの道にたどり着きました。。。

※あらゆる宗教及び宗教団体、
 組織、グループなど
 一切関係ありません。
 当然勧誘などもありません(笑)。
 あくまで 
 私個人の感じるところを
 綴って行きます。


☆★☆ プロフィール ☆★☆
長野県岡谷市生まれ
現在 千葉県柏市在住

最近の記事

最近のトラックバック

☆ランキングに参加しています^^

●地球の名言●

presented by 地球の名言

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。